個展があります

 

 

 

 

 

 

 

海の向こうには、陸つながりの景色があって

聞き慣れない言葉が飛び交う

触れる音の感覚を頼りにその日を過ごして

ただ、そこにいた

明るい日差しのなかで

 

 

 

 

 

 

 

 

手塚真梨子 個展

「海辺の庭」

2020年7月18日(土)~7月26日(日)※7/20(月)休み

11:00~18:00(最終日は16時まで)

 

Art Gallery 884

東京都文京区本郷3-4-3 ヒルズ884 お茶の水ビル1F

☏03-5615-8843

http://gallery884.888j.net

 

 

画廊のオーナー、佐野さんに言葉をいただきました。

 

「手塚真梨子さんの作品を展示させていただくのは2回目です。繊細でたおやかな物腰そのままのやさしい色彩で、人物をモチーフにした心象画が多い。それは、拒絶する自分と人との接点ではないかと思うのです。
私も2年半の手塚真梨子の軌跡を覗けたらと楽しみにしています。作品をご覧いただき、ご一緒に新コロナウィルスで受けた心身の痛手を癒していただければ幸いです。」

 

わたしは、人物をモチーフに絵を描くことがよくあります。

佐野さんにいただいたこの言葉にドキッとしました。

「拒絶する自分と人との接点」

ゆらゆらと広がる絵の具の海に浮かぶ顔。

鏡に自分を映してみると

今日のわたしがこちらを見ています。

筆をとり、選ぶ色

画面に触れて現れる人物

きみはだれ?

 

 

 

hhh.jpg

 

浜辺にて

 

油彩

22.7×15.8cm