喫茶ε

喫茶[ ε ]のこれから

 

 

 

m.jpg

 

 

壁に絵を描いてきました

「完成はいつですか?」

よくきかれました

「終わらない絵を描いています」

そう答えてきました

絵を描くことに終わりはない

いつまでもいつまでも描けてしまう

この店が続く限り、終わらない絵を描き続けてゆく気持ちでした

 

2020年1月

この店舗をお返しする運びとなりました

限り というものができて

意識が変わりました

この絵を完成させたい

完成というものはないのだけれど

ピタリとするところまで描きたい

「できたよ!」

大きな声で叫んでみたくなりました

 

店のはじまりは2015年9月22日

いつの間にか

この場所を居場所と感じてくださるお客様ができました

もう、わたしのワガママだけではなくなったこと

これは

とてもとても嬉しいことです

 

これまでの続き

これから

大切に描いてゆきます

 

.

.

.

.

 

壁の絵はどうなったでしょうか

仕上げの色は、白でしたね

みなさんに少しずつ手伝ってもらったのでした

差し入れにいただいたお酒やおやつ、美味しかったなぁ

真っ白になった壁

その後にも仕上げの魔法はいくつかあって

お別れ親睦会では壁に作品を上映

店で上映会もしてくださった吉冨監督の短編作品

それから

喫茶[ ε ]での時間を撮影、編集してくれたmisaちゃんの作品を

集まってくださった皆さんと一緒に観させていただき

やさしい時間が流れました

わたしは

なんて幸せ者なのでしょう

 

引越し作業は

家族、ご近所さん、それから大家さんにまで!手伝っていただいてしまいました

たまたま通りでお会いした救世主さまには、看板を救っていただいたり‥

たくさんありがとうございました

空っぽになったお店

床を雑巾がけして

ちいさく歌を歌いました

(そうか、これが最後の魔法ですね)

こーいはみーじーかーあーいー

ゆめのようなものだけどー

「みんな夢の中」という、すきな歌

3番を歌いはじめるころ

扉の向こうに優しい大家さんの顔

鍵をお渡しする約束の時間となりました

 

 

misaちゃんの映像作品

https://vimeo.com/390372434

 

 

 

…閉店の寂しさに浸っているうち

いつの間にかコロナウィルスの大変な世の中になりました

家で過ごす時間に見つめたもの、気づいたこと

「もう元には戻らないよ」

そう口にだしてみたら

始まりの爽やかさを感じました

細胞は、日々生まれ変わっているそう

少しずつ、わたしも変わっていくのでしょうね

日々に起こる、瞬間の重なり

今の連続

これからどうなっていくのだろう

 

今日、雨の音をききながら